マンツーマン指導を受けられる塾

個別指導塾とは集団指導塾のように教室に大勢の生徒が集まって一人の講師が全員を同時に指導するのではなく、マンツーマンで指導をする形になっている塾です。授業は講師一人に対して生徒一人というのが基本ですが、塾によっては生徒を二人同時に指導するという場合もあります。生徒と講師の距離が近くなっていて、周りに一緒に教わっている生徒もいないことから気遣いをする必要なく気になったことをいつでも気軽に質問できるのが魅力です。講師の方も生徒の個性を理解しながらオーダーメイドの指導ができるため、一般的には指導の質が高くなっています。生徒一人一人の長所を伸ばし、短所を補う指導をしているのが個別指導塾の魅力と言えるでしょう。

講師は同じ場合も毎回違う場合もある

個別指導塾では講師と生徒が一対一で指導を受けることになりますが、授業のときに毎回同じ講師に対応してもらえるか、毎回違う講師に授業を受けることになるかは塾によって異なります。同じ講師が担当することで生徒の理解や学力を把握して適切な授業を行えるという面もありますが、色々な人から教わった方が視野が広がるという面もあるのは確かです。また、同じ講師が担当すると講師と生徒の相性が合わないなどの問題が生じることもあるものの、違う講師も授業を担当する形になっていれば学習環境が特別に悪くなってしまうことはありません。考え方次第で良し悪しが異なるため、個別指導塾がそれぞれ方針を定めて専属講師を決めるかどうかを決めているのです。